ニキビ治療のアグネスと他の方法を比べる!リスクや副作用はない?

ニキビ治療でケミカルピーリングとアグネスの違いについてまとめています。施術回数や費用が違うのでよく検討してください。

ニキビ治療のアグネスとケミカルピーリングの違いについて

ニキビ治療にはいろんな種類があり、ニキビの性質や肌質によって治療法が選択されることが多いです。

ここでは、以前からあるニキビ治療のケミカルピーリングと、最近注目されているアグネスという治療法を比較してみます。

ニキビ治療を考えている人は参考にしてくださいね。

◎ケミカルピーリングとは

この治療法はピーリング剤を肌に塗り、余分な角質を取ってターンオーバーを促すというものです。

ターンオーバーが促進されると皮脂や角質が溜まりにくくなり、アクネ菌の増殖も抑えられるためニキビができにくい肌になるのです。

ただしケミカルピーリングというニキビ治療のデメリットとして、時間が経つとニキビは再発してしまう可能性があります。

◎アグネスとは

この治療法は微細絶縁針を毛穴に刺し、高周波で皮脂腺を破壊することでニキビを治すというものです。

ニキビをできにくくするというものではなく、今できているニキビを治し、再発しないようにします。

完治が見込めるというのがアグネスというニキビ治療のメリットと言えるでしょう。

◎施術回数、費用の違い

個人差がありますが、ケミカルピーリングは1週間から4週間に1度の治療を10回から15回は続けなければなりません。

アグネスは3回から5回で終了ですから、ケミカルピーリングよりもかなり早く終わることができます。

ケミカルピーリングは1回あたり10000円からですが、回数が多いのでそれだけ費用もかかりますよね。

アグネスはニキビ1個単位で料金を掲載しているクリニックもありますが、総合して1回あたりで言うと高くてもだいたい20000円くらいです。

それが多くても5回ですからアグネスの方がお得感がありますね。

ニキビ治療を考えている人はよく検討してみてくださいね。