頚椎ヘルニアの原因は?

わたし達人間の脊椎と脊椎の間には、椎間板と呼ばれる軟骨組織がありますが、その椎間板は、中心部分が柔らかい髄核で、その周辺には、繊維性軟骨組織からなる繊維輪で構成されております。

この繊維輪が何らかの原因で破損し、髄核が外に飛び出してしまうと、炎症を発生し痛みが生じ、更に、髄核が脊髄を圧迫すると、様々な痛みやしびれが生じてきます。

これが、一般的に椎間板ヘルニアと呼ばれる症状になります。

その椎間板ヘルニアの中で、首に発生する椎間板ヘルニアを、「頚椎ヘルニア」と呼ぶのです。

因みに、「頚椎ヘルニア」のヘルニアとは、飛び出すという意味を持っております。

では、その「頚椎ヘルニア」を予防するには、何に気をつければ良いのでしょうか?

「頚椎ヘルニア」を発症する年代は40代以上に多く、男女関係なく起こりうる病気といわれ、主な原因の一つに、骨の老化があります。

長時間同じ姿勢を取り続けたり、猫背になっている方は、要注意です!