ニキビ治療のアグネスと他の方法を比べる!リスクや副作用はない?

ニキビ治療でケミカルピーリングとアグネスの違いについてまとめています。施術回数や費用が違うのでよく検討してください。

ニキビ治療のアグネスとビタミンイオン導入の違いとは

ニキビ治療の方法に、ビタミンイオン導入というものがあります。

これは以前からあるものですが、これとアグネスというニキビ治療とを比べてみたいと思います。

施術内容や回数、費用について調べてみました。

◎ビタミンイオン導入とは

ビタミンやプラセンタといった肌に良い成分は、肌に塗るだけではなかなか浸透してくれないものです。

それらの美肌成分を、微弱電流を流しながら皮膚の奥まで浸透させるのがビタミンイオン導入というニキビ治療です。

ビタミンイオン導入を繰り返し行うことで、皮脂の分泌のコントロールを行い、毛穴の詰まりを取り除きます。

そのためニキビができにくくなるのです。

◎ビタミンイオン導入の施術回数は

ビタミンイオン導入は、1週間に1度の施術を3回から4回繰り返すことで効果が現れると言われています。

個人差があるので回数は前後します。

ビタミンイオン導入は6回で3万円前後です。

(病院によって違いがあります)

◎アグネスと比較してみると

アグネスはニキビそのものを直接退治してくれるものですが、ビタミンイオン導入は肌を整えてニキビをできにくくするものなので確実にニキビが治るとは言えません。

その点、アグネスはニキビ一つ一つに高周波を当て、皮脂腺を破壊するので確実に効果が現れます。

ニキビの再発もほとんどないと言われているので、とても効果的な治療と言えるでしょう。

費用はビタミンイオン導入の方が安いですが、またニキビが再発したら繰り返すことになりますので、トータルで考えるとアグネスの方が良いのではと考えられますね。


Categorised as: アグネスとビタミンイオン導入

Comments are disabled on this post


Comments are closed.