ニキビ治療のアグネスと他の方法を比べる!リスクや副作用はない?

ニキビ治療でケミカルピーリングとアグネスの違いについてまとめています。施術回数や費用が違うのでよく検討してください。

ニキビ治療アグネスのリスクや副作用も知っておこう

ニキビ治療でアグネスという方法が注目されています。

確実にニキビを治すことができ、再発もほとんどないと言われているもので、長い間ニキビに悩まされていた人にとって魅力的な治療法です。

アグネスというニキビ治療での、リスクや副作用はないのでしょうか。

これからニキビ治療を受けようと考えている人は気になりますよね。

◎アグネスのリスクや副作用は?

アグネスは微細絶縁針をニキビに刺し、皮脂を作る皮脂腺を高周波で破壊する治療法です。

皮脂腺を破壊してしまうので同じ場所からニキビが再発することは無くなります。

何度も再発して長い間悩んでいた人にとっては、ぜひ受けたい治療ですよね。

しかし、針を刺すということに少し恐怖を感じたり、何か副作用があるのではと心配な人もいるでしょう。

アグネスでニキビ治療をした場合に起こり得るリスクや副作用について知っておきましょう。

施術後1週間程度細かい痂皮、数日間の腫れ、赤み、皮下出血、内出血、炎症性色素沈着、などが起こる可能性があります。

腫れや赤みはすぐに治まりますが、炎症性色素沈着は必要に応じて治療してもらえます。

すべての人にこれらの症状すべてが起こるわけではありません。

ただ、赤みや腫れはどなたにも起こるようです。

◎リスクが何もない治療法はない

アグネスはニキビに細い針を刺して高周波を流す治療法ですから、それだけ肌に刺激が与えられているので赤みが出るのは仕方がないですよね。

どんな治療法にしても、何らかのリスクはあるものですから、治療を受ける前にどんなリスクや副作用があるのかを理解しておき、その対処法を知っておけば何ら問題はありません。


Categorised as: アグネスで治療を受ける前に

Comments are disabled on this post


Comments are closed.