ポケモンGOお役立ちガイドimage
ポケモンGOの復興イベント

VR上で蘇った記憶のポータルは、ポケモンGOによる復興イベントではありませんでしたが、ポケモンGOでも復興イベントが行われています。

・ラプラス祭り

2016年11月に東北復興イベントとして宮城県石巻市にてラプラス出現率アップイベントが催されました。

ラプラスは滅多に出現しないポケモンですが、このイベントでは高個体のラプラスが大量に出現しました。

まったりと歩きながらプレイしても100体近く捕まえた、というユーザーもいるようなので、出現率アップというのは本当だったようです。

ただ、高個体のレアリティが高いポケモンを大量に出現させることに対して、ゲームバランス崩壊なのではというユーザーの声もありましたので、その辺の調整は必要だったのではという気がします。

・イベント効果は?経済効果はばつぐんだ!

ポケモンGOによる復興イベントは開催期間11日にも関わらず、約10万人の観光客が訪れ、経済効果は20億円と言われています。

11月ではリース当初よりもずっとアクティブユーザーが減少していましたので、復興イベントが成功するのか疑問視されている所もありました。

ですが結果的に大成功を収めたわけですから、ポケモンGO、ポケモンというブランドが一級品であるということの証明ではないでしょうか。

・まだまだ続く復興イベント

11月は宮城県の石巻市が復興イベント地として選定されましたが、これはあくまでも復興イベントの第一弾だといわれています。

宮城以外では岩手、福島、熊本の3件で復興イベントを行うことが予想されています。

◆これまでの復興イベント参考までに⇒https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00395986

岩手、福島に関しては宮城県とともに復興イベントを行うと発表していましたし、当初企画段階でどの程度の集客と経済効果を見込んでいたのか分かりませんが、短い期間でこれだけの経済効果があったポケモンGOですから、行政としても開催をしたいと考えているでしょう。

一日も早く、他県での復興イベントを開催して欲しいですね。

その時はまた多くの人がスマホを片手に訪れることでしょう。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント

Copyright By ポケモンGOお役立ちガイド. All Rights Reserved.